九州・沖縄のお土産で定番のハズさないもので打線組んだ


ネットの掲示板などで、〇〇で打線組んだという記事をよく読んでるんですよ。
元ネタは元スマップの中居くんのバラエティ番組の「好きなおかずでスタメンを組む」らしいんですけど。

で、自分もやってみたかったので、九州・沖縄のおみやげでトライしてみました。
お土産だったら商標と関連させる記事書けそうだと思えましたし。

この記事の打線組んだのルール

先ずはベンチ入りメンバーを選びます。
プロ野球のベンチ入りメンバーは最大25名ですのでそれぐらいを目安とします。

九州・沖縄地区は福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄の8県ですので3品(合計24)のアイテムを各県ずつ独断と偏見でピックアップしました。

お土産定番ハズさないもの選手権(以下、OTH)の選手権協約です。
プロ野球の野球協約を参考にしました。

第81条 (出場選手)
一 OTHの試合に出場させるためには、所定の手続きを経た上、特許庁に商標登録しなければならない。
二 出場選手として登録できる選手数は、最大25名以内とする。

このブログは商標のことに書いてますので、野球協約のセパ連盟に登録してないとダメっていうところは商標登録してなければならないとい読み替えてます。

各県からの選手探し・ベンチメンバーの紹介

各地域のスカウト?がリサーチしてきた選手の登録商標名(権利者、登録番号)です。
この中からスタメンを選びます。
一部略称含み、権利者の会社名や個人名は敬称略としてますがご容赦ください。

福岡

①名菓 ひよ子(株式会社ひよ子、5164767)
②博多通りもん(株式会社明月堂、5367511)
③島本(株式会社島本食品、6022839)注:商品は明太子です。

佐賀

①松露饅頭(宮田正英、532662)
②さが錦(株式会社村岡屋、1534769)
③ブラックモンブラン(竹下製菓株式会社、5290141)

長崎

①文明堂のカステラ(株式会社文明堂総本店ほか、0471118)
②よりより\麻花兒(林健治、2346625)
③からすみ∞パスタオイル(株式会社小野原本店、5624529)

熊本

①登録熊本名産からし蓮根(熊本県辛子蓮根協同組合、5030806)
②武者がえし(株式会社香梅、5780254)
③くまモン(熊本県、5540074)

大分

①ざびえる(株式会社ざびえる本舗、0606312)
②三笠野(川口晃生、0143065)
③ぷりんどら(株式会社菊家、5049078)

宮崎

①なんじゃこら大福(有限会社日高信義商店、3090380)
②ゴボチ(5827236、株式会社デイリーマーム)
③おぐらのチキン南蛮(株式会社おぐら、4996500)

鹿児島

①§明石屋(合名会社明石屋菓子店、4953797)注:商品はかるかんです。
②かすたどん(有限会社薩摩蒸氣屋、4097418)
③創作生かるかん\霧かん(有限会社徳重製菓とらや、5792523)

沖縄

①ちんすこう(有限会社新垣菓子店、5116326)
②紅∞いも∞茜∞いもタルト(株式会社御菓子御殿、5953029)
③ミミガー\ジャーキー(沖縄ハム総合食品株式会社、5629351)

選考にあたりスカウトのメモ

福岡は一番初めにとりかかったが他と比べれば苦労しなかった。

佐賀の丸ぼうろを選びたかったが、いわゆる老舗の登録商標が見つけられず。

長崎のカラスミを入れる為、パスタオイルだが小野原本店さんの商標をチョイス。

熊本県は、くまモンの文字・キャラクターの商品はやはり捨てがたい。

宮崎のチキン南蛮商標は、商品はソースだったりします。その他、老舗のチーズ饅頭関連の商標登録を探したが見つけられず。

鹿児島かるかんはメーカーに人により好みはあると思いますが一応これで。各メーカーかるかん作ってます。

沖縄のサーターアンダギーも入れたかった。 どこのブランドが定番なのか。

スタメン発表

それではスタメンの発表です。

1番 ショート


ちんすこう
沖縄おみやげの定番中の定番。
渡した相手がどこにいったかわからない、なんてことはない。
俊足好打の切り込み隊長のショートっぽい。

2番 セカンド

くまモン
指定区分数驚愕の28!
おみやげならなんでもくまモンのマークついてそう。
そのイメージは守備範囲の広さと人気を兼ね備えたセカンドをイメージさせる。
子供からお年寄りまで大人気の選手だ。

3番 ファースト

名菓ひよ子
かわいらしいひよ子をあしらった饅頭だ。
公式HPによると愛されて105年とのこと。
どっしりとした安定感はファーストのベテラン選手を思わせます。

4番 センター


めんたいこ
商標はメーカー名とめんたいこっぽいロゴ。
マーク自体の知名度は?だがおみやげの定番としては間違いない。
会社でくばれるかという観点からDHでもよかったかも。

5番 サード


かるかん
メーカー名と「かるかん」の結合商標は見つけられなかったが鹿児島といえばかるかん。
蒸気屋の商標のがわかりやすかったかもですが、そっちを、かるかんで選ぶと明石家から選抜できないというジレンマが、、、。
かつてはショートを守っていたがサードにコンバートされた!?

6番 ライト

博多通りもん
スタメンの中では比較的新しいおみやげ。
しかしながら、既に定番を思わせる知名度と女子受けを考えるとクリーンナップにつく日も近いか。

7番 レフト


カステラ
登録日は1955年という大ベテラン。
長くセンター4番を努めたが現代はレフトにコンバートされた選手を思わせる。
飽きのこない味はまだまだお子様にも大人気。
権利者は長崎の文明堂ほか、東京・大阪・横浜・神戸の会社もいる。

8番 キャッチャー


からし蓮根
チームの扇にピリリと辛いキャッチャーのイメージにピッタリ。
権利者も協同組合というのは、なんとなくドラフト外とかテスト入団を思わせる。

9番 ピッチャー


三笠野
登録はスタメン唯一の大正時代(1922年)。
まさに、おみやげのレジェンドオブレジェンヅ。
三文字苗字も赤いチームのエースの系譜を思わせる。
10代・20代の訴求力はなさそうなのも、バッティングはダメそうなイメージに合う。

まとめ

テキストだけでまとめるとこうなりました。

1 遊 ちんすこう(沖縄)
2 二 くまモン(熊本)
3 一 ひよこ(福岡)
4 中 明太子(福岡)
5 三 かるかん(鹿児島)
6 右 博多通りもん(福岡)
7 左 カステラ(長崎)
8 捕 からし蓮根(熊本)
9 投 三笠野(大分)

どうでしたか?
スタメンからは佐賀の選手が外れてしまいました。
佐賀の方、すいまんせん。

ところで、あまりにも定番なおみやげだとその名称が一般化していて登録商標の文字にも入ってなくて4番・5番とか商標的にどうなんだろう、と思わせる結果になってしまいましたが、おみやげ単体として考えれば絶対アリです。

九州は3~4品選べば一軍登録メンバー数と同じくらいになるので初めにトライしてみましたが結構つかれた。他の地区も時間があればやってみたい。

この記事は以上となります。
読んで頂きありがとうございました。

ads-shares-by-moshimo

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする